HOME > お知らせ > 「上越妙高駅にイースト・アイがやって来た」 

お知らせ

「上越妙高駅にイースト・アイがやって来た」 

2013.12.03.

き・・
き…
き……
.
.
.
きた~~~!!
.
.
.

イースト・アイ到着!
.
.
惚れ惚れするお姿に、感激!

報道各社、テレビ局総出演で、
朝・昼・晩・深夜と
一日中、ニュース番組では
主役級の取り扱いで、
イースト・アイも、さぞや
鼻高々だったに違いありません。

イースト・アイ到着間近の
アナウンスのあと突然に、
新幹線ホーム内に大音響が!
.
国立大学法人「上越教育大学」
ブラバン部によるNHK大河
「天地人」のテーマが響き渡りました。

全員ヘルメット着用の新幹線
ホームでの演奏会(?)は、恐らく
日本初ではないでしょうか。
圧巻の生演奏でした。

平成25年12月2日朝6時15分。
今日初めて北陸新幹線「上越妙高駅」に新幹線の列車がやって来ました。


やって来たのは、北陸新幹線専用の新型車両<E7系>ではなく、JR東日本の“電気・軌道総合試験車=“イースト・アイ”(E926系新幹線:275km/h)”です。
線路のゆがみや、電気系統を点検・検査する車両です。

イースト・アイは、惚れ惚れするような美しいスタイルでした。


一般市民やセレモニー出席者が早朝5時30分からホームに集まり、イースト・アイを出迎えました。

到着と同時に「イースト・アイ歓迎」のセレモニーが開かれ、鉄道運輸機構局長への花束贈呈・あいさつ、上越市長の式辞、県知事(代理)・妙高市長・上越市議会議長・新幹線連携会議会長の祝辞などのセレモニー終了後、イースト・アイは次の駅:糸魚川駅に向かっていきました。

今日は、長野駅~黒部宇奈月温泉駅間を往復し、来年3月まで数回にわたり冬期間の試験走行を行う計画です。