HOME > お知らせ > 東海道新幹線でフラップ式案内標が消えた!

お知らせ

東海道新幹線でフラップ式案内標が消えた!

2013.01.23.

パタパタと音を立てて、電車の行き先や発車時刻などを知らせるホームの案内標、「フラップ式案内標」というんだそうですが、東海道新幹線で現在このフラップ式案内標を設置しているのは、愛知県の三河安城駅だけとなっていました。普及して35年間も親しまれてきたこのフラップ式も、1月23日の最終列車をもって、最後のパタパタ音と共に、その役目を終えました。今後は、最新のLEDを使った案内標が新たに設置されるようです。
味のあるアナログ大好き人間にはさびしい気がしますが、まだ全国の鉄道会社で利用されている所もあるそうですので、見かけたら写真に撮って記録しつつ「ご苦労さん」と一声掛けてやろうと思います。
(情報源:フジニュースネットワーク)